マンション投資について

最近、よく宣伝されているマンション投資とは一体どのようなものなのでしょうか。

マンションのオーナーとなってそこから家賃収入をえるというのはとても魅力的なことです。しかし、マンション一室でも結構なお値段がするのにそのオーナーとなると一般人には関係のない世界のことのように思えてしまいます。


ですが、一般人には関係がないのであれば、これほど宣伝されることないはずです。

ティーサーバーが今、話題になっています。

マンション投資といっても必ずしも一棟まるごと買う必要はない。


区分所有というかたちで一室だけ購入して、これから家賃収入を得ていく方法もある。

しかし、一室だけだとしてもそれなりの金額がかかるし、それを借金によって賄った場合きちんと返済できるのかと不安になってきます。

ですがマンション投資の場合、部屋を貸してその賃料を得るわけですから、賃料が返済に当てられることになります。
そして返済が終わればこれからは賃料収入がそのまま収入になるのがマンション投資の大きな魅力となります。

でも、本当に借家人が現れるのかが不安になります。


賃料がなければ返済金が自ら負担しなければならず、これは大きな負担になってしまいます。



しかし、これは投資をするさいに利便性の高いところを探すなどしてすればある程度リスクを軽減することができます。



それにサブリースという形での家賃保証を利用することもできます。
また、マンション投資は不動産投資なので形があるものであり、株式投資の場合と比べて最悪の場合の損失が少ないことや、日々の値動きに対して一喜一憂する必要がないのも利点となります。



マンション投資を実践するときには、その管理を効率よく行わなくてはいけません。基本的に、マンション投資で利益を出そうと考える多くの人はマンションの大家になることを第一に考えます。



しかし、マンションの大家になって実際に利益を出すことを考えるときには法律的な問題点も考慮しなくてはいけないため、独断専行で勝手に話を進めていかないように注意をしなくてはいけません。そもそも、マンション投資をマンションの賃貸提供として利用するときには宅地建物取引業の資格を持っていなくてはいけません。


マンションを提供する人は、そのマンションに関する詳しい情報を賃借人に対して説明する法律的な義務が存在します。



その義務を説明できない人はマンションを管理する資格が無い人と解釈されるため、マンションを保有することは出来てもそれを賃貸で管理することは出来ないのです。では、こうした人はどのようにして賃貸借契約を締結すれば良いのでしょうか。



この解決法は簡単で、資格を持っている不動産の管理会社に対して業務を委託すれば良いのです。



不動産の業務を委託すれば、そのマンション管理に関する全ての権限と責任を任せることが出来るため本人は何もしなくても構いません。
仮に、マンション内で住民同士のトラブルが生じたとしてもマンションの大家は責任を取る必要が無くなるのです。

マンション投資をするときには、まず優良なマンションの管理が出来る不動産会社を探すようにしましょう。

関連リンク

  • マンション投資で長期的な利益を得るには、賃貸として貸し付ける事が最も合理的な手段です。マンションというのは、年月が経つ度に価値が下がるという特徴を持っています。...

  • 最近はマイホームとしてマンションを購入する事を、検討している人が増えてきています。一戸建てよりもメンテナンスがしやすく、駅から近いのが魅力的のようです。...